長野県のニュース

勤務先に2人組侵入 野辺山の事件 山梨の死亡男性

斉藤さんが勤めていた貴金属買い取り店=30日午前、山梨県昭和町斉藤さんが勤めていた貴金属買い取り店=30日午前、山梨県昭和町
 南佐久郡南牧村野辺山の畑から山梨県甲州市の会社員斉藤弥生さん(36)の遺体が見つかった事件で、斉藤さんが勤務していた山梨県昭和町にある貴金属買い取り店に遺体発見当日の27日未明、2人組が侵入して警備会社が駆け付けていたことが30日、山梨県警への取材で分かった。

 山梨県警によると、斉藤さんは同店の店長で、26日は午後8時の閉店まで1人で勤務。閉店後の翌27日午前3時すぎ、警備会社のシステムが店内の異常を感知し、警備員が店に駆け付けたところ、目出し帽をかぶった2人組が店から逃走したという。2人組は店内を物色していたとみられ、同県警は窃盗の疑いで捜査し、死体遺棄事件との関連も調べている。斉藤さんが閉店後、店内にいたかどうかは明らかになっていない。

 また、斉藤さんの遺体には殴られたり首を圧迫されたりした痕が残っていることが30日、長野県警の捜査関係者への取材で分かった。結束バンドで両手首を後ろ手に縛られていたことも判明。佐久署と県警捜査1課は、斉藤さんが何者かに暴行された後に埋められた可能性もあるとみて調べている。

 遺体は27日午前10時ごろ、畑の所有者が重機で土を掘り返していて発見した。司法解剖の結果、致命傷になるような目立った外傷はなく、死因は特定されていない。

 一方、27日に畑から約2キロ離れた村道脇で全焼した状態で見つかった乗用車は、斉藤さんが使用していた車だったことが分かっている。ナンバープレートがなく、近くに燃料缶とライターが落ちていて、同署などは死体遺棄事件との関連を調べている。

(11月30日)

長野県のニュース(11月30日)