長野県のニュース

複数の車で移動か 野辺山の死体遺棄事件

斉藤さん宅で現場検証をする長野県警の捜査員=30日午後3時すぎ、山梨県甲州市斉藤さん宅で現場検証をする長野県警の捜査員=30日午後3時すぎ、山梨県甲州市
 南佐久郡南牧村野辺山の畑から山梨県甲州市の会社員斉藤弥生さん(36)の遺体が見つかった事件で、路上付近の防犯カメラの映像などから、斉藤さんを遺棄した人物は斉藤さんが使っていた乗用車を含め複数台の車で移動したとみられることが30日、捜査関係者への取材で分かった。佐久署と県警捜査1課は斉藤さんが死亡した経緯を引き続き調べている。

 長野県警は同日、甲州市の斉藤さんの自宅で現場検証をした。青い服の捜査員らが、閉められていた戸やカーテンを開けながら、部屋や物置の状況を確認していた。

 山梨県警によると、斉藤さんは山梨県昭和町にある貴金属買い取り店の店長で、11月26日午後8時の閉店まで1人で勤務。閉店後の翌27日午前3時すぎ、警備会社のシステムが店内の異常を感知し、警備員が店に駆け付けたところ、2人組が店から逃走したという。同県警は斉藤さんが閉店後から未明の間に何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて調べている。

 遺体は同27日午前10時ごろ、畑の所有者が重機で土を掘り返していて発見。長野県警の司法解剖の結果、致命傷になるような目立った外傷はなく、死因は特定されていない。同日には畑から約2キロ離れた村道脇で斉藤さんが使っていた車が全焼した状態で見つかっている。

(12月1日)

長野県のニュース(12月1日)