長野県のニュース

斜面

「一」という文字は案外と意味が広い。数なら一つ、一人、ひとたび。一より始める意味で「はじめ」、最小の数だから「少し、わずか」、一にまとめるので「すべて」「みな」。白川静著「字通」を引いた

   ◆

サッカーJ2松本山雅の反町康治監督が「一」を今季のテーマに掲げた。あと一歩でJ1自動昇格を逃した勝ち点1の悔しさ、プレーの1秒、1メートルへのこだわり、そしてチームスローガン「One Soul」…。本紙連載に意味するところを書いている

   ◆

J1昇格をかけたプレーオフでは後半ロスタイムに奪われた1点に泣いた。チーム最年長の田中隼磨選手は右目網膜剥離の手術のため3カ月の離脱を余儀なくされたシーズンだった。年末のブログにつづった。悔しさや試練が自分を強くする。このままでは絶対終わりたくない、と

   ◆

7月には35歳。「食事、睡眠といったピッチ外の時間も全てサッカーのために費やし集中している」と努力を積み重ねる。昨季の勝ち点84は過去のことだ。今季は一からの出直しで勝ち点を積み上げるほかない。ベテランの一途な思いがチームを引っ張る

   ◆

山雅はかつて駅前にあった「純喫茶山雅」の常連客の同好会が前身だ。復活の要望を受け松本城に近い街なかに「喫茶山雅」が開店した。市民らが「始まりの一歩」に思いをはせ未来を語り合う場になるといい。チームはきょう開幕戦だ。

(2月26日)

最近の斜面