長野県のニュース

ライオン、殺処分せず 小諸市動物園 引き戸開いた状態

小諸市動物園の当面の休園を知らせる案内が掲示された懐古園の入り口にある料金所=27日午前10時小諸市動物園の当面の休園を知らせる案内が掲示された懐古園の入り口にある料金所=27日午前10時
 小諸市丁の懐古園内にある市動物園のライオン舎で26日、飼育員の大井沙耶香(さやか)さん(22)=小諸市大久保=が雌ライオンのナナ(15歳)にかまれて重傷を負った事故で、飼育員が屋外展示場に出るために使う通路の引き戸が大井さんが見つかった際、開いていたことが27日、市の調査で分かった。市や小諸署は関係者からさらに事情を聴くなどして原因を調べている。市はナナの殺処分は「考えていない」と明らかにした。

 同市は27日、大井さんの救助に当たった2人の飼育員のうち、最初に駆け付けた男性飼育員から詳しく状況を聴いた。救出前、大井さんがナナに右脚をかまれていた屋外展示場と、飼育員用通路とを仕切る鉄製の引き戸が開いていたことが新たに判明。大井さんへの聞き取りは「回復を待ってから」としている。

 同市は27日朝、懐古園の料金所などに「動物園は、都合により当面の間、休園させていただきます」との案内を掲示。残念そうに引き返す人もいた。

(2月27日)

長野県のニュース(2月27日)