長野県のニュース

寒さ和らぎ長芋掘る春 長野・松代町

雪の下で冬を越した長芋を掘り出す農家=2日午前10時8分、長野市松代町岩野雪の下で冬を越した長芋を掘り出す農家=2日午前10時8分、長野市松代町岩野
 県内有数の長芋産地、長野市松代町で、雪の下で冬を越した長芋の「春掘り」が始まっている。寒さが和らいだ2日午前は、春の訪れを感じさせるヒバリのさえずりが響く畑で、農家が収穫作業に追われていた。

 1日から千曲川に近い畑で今季の春掘りを始めた林董夫(まさお)さん(70)は、重機で掘った溝の中に妻と入って作業。1メートルほどある長芋をスコップで一本一本丁寧に掘り出していた。

 一日で約350本を収穫する重労働だが「暖かくなってくると、畑仕事をしたくてうずうずしてくる」と林さん。「春掘りの長芋は、秋に収穫したものに比べて甘みが増して味わいがある」という。

 グリーン長野農協営農部(長野市)によると、秋に収穫する「秋掘り」を含めた松代地区の長芋の年間出荷量は約680トンで、うち約3割は春に収穫。春掘りは4月初旬まで続き、主に県内に出荷する。

(3月2日)

長野県のニュース(3月2日)