長野県のニュース

長野市の消費者物価、19カ月ぶりプラス

 県情報政策課が3日発表した長野市の1月の消費者物価指数(確報値、2015年=100)は、生鮮食品を除く総合が99・6で、前年同月比で0・6%上昇した。プラスになるのは15年6月以来、1年7カ月ぶり。同課によると、原油価格が上昇したことなどが要因とみられる。

 生鮮食品を含む総合は99・9。前年同月比で1・0%上昇し、4カ月連続のプラスとなった。

 費目別は、前年同月比で「被服及び履物」が4・4%、「食料」が2・3%、「教育」が2・1%、「教養娯楽」が1・9%それぞれ上昇した。一方、「光熱・水道」が2・1%、「家具・家事用品」が1・8%それぞれ下落。「光熱・水道」は原油価格の上昇を受けて、前年同月と比べた減少幅は縮小した。

(3月3日)

長野県のニュース(3月3日)