長野県のニュース

連合長野が春闘総決起集会 働き方改革・賃上げ訴え

「団結頑張ろう」と気勢を上げた連合長野の春闘総決起集会=4日、長野市「団結頑張ろう」と気勢を上げた連合長野の春闘総決起集会=4日、長野市
 連合長野は4日、2017年春闘の県中央総決起集会を長野市の南千歳町公園で開いた。産業別組織の労働組合役員ら約500人が参加。月例賃金の引き上げのほか、長時間労働是正といった働き方改革の実現に向け、結束して闘うことを確認した。

 中山千弘会長はあいさつで、県経営者協会が示している年収ベースでの賃上げについて「企業としての社会性を意識していない」と批判。毎月の賃金が上がることで個人消費が上向くと強調し、「日本経済を自律的に成長させるのがわれわれの大きな目的だ」と述べた。

 今春闘の焦点の一つである「働き方改革」を巡り、連合長野は年間を通じた労使交渉の場の確保を要求に盛り込んだ。根橋美津人事務局長は「改革に特効薬はない。(長時間労働などの)実態を経営者側や社会に伝え、実効性のある改革を進めたい」と訴えた。

 集会では、「もう、過労死はなくそう」「(終業から次の始業までに一定の休息時間を設ける)インターバル規制を導入しよう」などと書いた紙を参加者全員で掲げた。中小企業や非正規で働く労働者の処遇改善などを求めるアピールも採択。終了後は、市街地をデモ行進した。

(3月5日)

長野県のニュース(3月5日)