長野県のニュース

【速報】6人救出、全員が心肺停止状態 県防災ヘリ墜落

 松本市、岡谷市などにまたがる鉢伏山の山中で、消防隊員ら9人乗りの県消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落し3人が死亡した事故で、県警などは6日、残る6人の救助活動を再開し、墜落した機体内で男性6人を発見、救出したが、全員が心肺停止状態という。

 この日の救助活動には、自衛隊などのヘリのほか、地上からは消防など計約95人を投入。運輸安全委員会の航空事故調査官も現地入りし、事故原因の解明を進める方針。

 県警によると、死亡した3人のうち1人はパイロットの岩田正滋さん(56)=松本市=と判明。ほかの2人は、いずれも県消防防災航空隊員で松本市の伊熊直人さん(35)、上田市の甲田道昭さん(40)。

(3月6日)

長野県のニュース(3月6日)