長野県のニュース

県警が捜査本部設置 県防災ヘリ墜落 安全委も調査着手

航空事故調査官を乗せて墜落現場に向かう車(手前)=7日午前9時半、塩尻市旧塩尻航空事故調査官を乗せて墜落現場に向かう車(手前)=7日午前9時半、塩尻市旧塩尻
 松本市入山辺の山中に県消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落し、搭乗していた男性9人全員が死亡した事故で、県警は7日午前、松本署に田中泰史・刑事部長を本部長とする捜査本部を設置した。事故を巡って何らかの過失があった可能性があるとみて、容疑者不詳のまま業務上過失致死容疑で、126人態勢で捜査を進める。

 県警鑑識課などの約20人は同日午前7時半すぎから、墜落地点で現場検証を始めた。国土交通省運輸安全委員会の航空事故調査官3人も午前9時半、墜落現場方面へと続く塩尻市旧塩尻の市道通行止め地点に車で到着。県警の捜査車両とともに現場に向かい、調査を開始した。機体の状況や周辺の木々の折れ方などを調べる。

 県警は7日、事故で死亡した9人のうち、県消防防災航空センターのパイロット岩田正滋さん(56)=松本市神林=と、上田地域広域連合消防本部から派遣されていた甲田道昭さん(40)=上田市上田=の司法解剖の結果を発表した。死因は岩田さんが心臓・大動脈損傷、甲田さんが全身打撲による多発外傷。2人とも強い衝撃を受けたことにより即死したとみられるという。残る7人の遺体についても司法解剖する。

 県警は乗員の1人が離陸から墜落するまで撮影していた映像について、県から提供を受けており解析を進める。録画時間は30分に満たず、音声は記録されていないものの、事故原因の究明につながる手掛かりがないか詳しく調べる方針。

 墜落現場の谷筋から北西に100メートルほど上部に当たる尾根筋のカラマツ林に、機体が接触したとみられる痕跡が残っていることが信濃毎日新聞の取材で判明しており、県警は機体が何らかの理由で尾根筋付近で降下しカラマツ林と接触、その後墜落した可能性があるとみて調べている。

(3月7日)

長野県のニュース(3月7日)