長野県のニュース

長野出身の女優・宮沢美保さんの主演作、故郷で上映

長野市での主演作上映を前にインタビューに応じる宮沢美保さん=都内長野市での主演作上映を前にインタビューに応じる宮沢美保さん=都内
 長野市出身の女優宮沢美保さん(43)が主演した映画「お元気ですか?」の上映が11日、同市の映画館「長野相生座・ロキシー」で始まる。11、12日は各日2回の上映後に、宮沢さんや室賀厚監督らが舞台あいさつする。宮沢さんは「見終えた後、周りの人をもっともっと大事にしたいという気持ちになる作品。ぜひ見てほしい」と期待を寄せている。

 宮沢さん演じる主人公の冴子は、恩師や友人らに旅先から電話をかけ続ける。10人の電話相手や話の内容から、冴子の過去と抱える思いが浮かび上がる内容。家族の死との向き合い方もテーマの一つになっている。共演は菅田俊さん、長谷直美さんら。87分。

 2005年公開の「苺の破片イチゴノカケラ」以来、宮沢さんが映画の主演を務めるのは2作目。今作は昨秋から、東京や大阪など各地で順次公開されてきた。

 「私の演技が駄目なら映画も駄目になってしまうという怖さと、やりがいが半々だった」と宮沢さん。携帯電話で話す時の表情や声のトーンで心情を伝える演技が求められ、「親友に電話をかける感覚など、相手ごとの冴子の気持ちを想像して演技しました」と話す。

 宮沢さんは16歳だった1990年に映画「櫻(さくら)の園」でデビュー。映画のほか舞台やテレビなどで活躍してきた。長野市での上映に「地元出身ということで親しみを感じてもらい、これからの自分の活動を注目、応援してもらえたらうれしい」と話している。

 11、12日両日とも午前10時50分と午後3時半から上映。24日まで上映する予定。前売り1200円。当日は一般1800円、大学・高校生1400円、3歳〜中学生千円、60歳以上1100円。問い合わせは長野相生座・ロキシー(電話026・232・3016)へ。

(3月9日)

長野県のニュース(3月9日)