長野県のニュース

栄村をこれからも応援します 復興祈念館にメッセージ

震災復興祈念館「絆」の来館者が書いたメッセージ=11日、栄村震災復興祈念館「絆」の来館者が書いたメッセージ=11日、栄村
 これからも応援します―。下水内郡栄村のJR飯山線森宮野原駅前の震災復興祈念館「絆」の一角に、県北部地震の復興を願う来館者のメッセージが多く張られている。地震発生6年となる12日は、同駅前の広場で夕方に催す「3・12復興灯明祭」に合わせ、祈念館は午後8時ごろまで開館する。

 東京都からの来館者は、村民の支え合いが分かったとし「心温かい良い村ですね。うらやましい」と書いた。新潟県小千谷市からの人は同市も被災した中越地震への支援に感謝し、「信濃川でつながっている栄村の復興を心からお祈りします」と寄せた。

 来館者に対応する村秋山郷観光協会の藤木文徳さん(35)は11日、灯明祭の準備を進めた。「震災を忘れずに、村民が防災について考える場所でありたい」と話した。

 施設は地震の記憶を伝えようと、昨年4月に開館。パネル展示や証言映像がある。

(3月12日)

長野県のニュース(3月12日)