長野県のニュース

斜面

フランスの詩人ランボーは20歳で詩作をやめ、放浪の旅に出た。1880年夏、アラビア半島南端の港湾都市アデンにたどり着く。それから37歳で亡くなるまでの11年間、対岸のアフリカとの交易に関わった

   ◆

最初はコーヒーを扱ったが、やがて武器商人に。安く調達した小銃や弾薬を、フランスが援助する王に高く売り付けた。英国が支援する王との戦争が始まろうとしていた。鈴村和成著「書簡で読むアフリカのランボー」で知った詩人のもう一つの顔である

   ◆

アデンが第2の都市のイエメンは半島の小国だ。度重なる内戦で疲弊、2015年3月からは隣国サウジアラビアなどの連合軍が軍事介入してきた。空爆によって多数の民間人が犠牲になっている。食糧の輸入路が断たれたため飢饉(ききん)も深刻化し、約40万人の子どもが命の危機にある

   ◆

サウジは石油で潤ってきた中東の大国である。石油の輸出で稼いだオイルマネーで武器を大量に購入している。スウェーデンのストックホルム国際平和研究所の報告によれば、サウジの12〜16年の兵器輸入は前期の3倍増。世界のシェアの8%超を占める

   ◆

イエメン内戦もイスラム教の宗派対立を背景にしたサウジとイランの代理戦争といわれる。46年ぶりに国王が来日したサウジは、富豪ぶりや投資先としての価値ばかりが話題を集めている。軍事大国というもう一つの顔も覚えておきたい。

(3月15日)

最近の斜面