長野県のニュース

斜面

1942年3月7日の信濃毎日新聞朝刊は「九軍神」をたたえる記事で埋め尽くされた。3カ月前の真珠湾攻撃で、5隻の特殊潜航艇に乗り込み帰らぬ人となった9人の特別攻撃隊員を軍神に祭り上げている

   ◆

大本営発表を受けた報道だ。発表は攻撃が隊員自らの着想だったとし、米軍艦アリゾナ撃沈など戦果を強調した。〈全隊員生死を超越して攻撃効果発揚に専念し帰還のごときはあえてその念頭になかりし〉。帝国海軍の伝統を発揮した「偉勲」と称賛した

   ◆

ある事実が隠されていた。5隻の潜航艇には2人ずつ合わせて10人が搭乗した。1人がオアフ島の海岸に流れ着いて米軍の捕虜になった。潜航艇によるアリゾナ撃沈も偽りだった。戦意高揚のキャンペーンに使われた九軍神は虚偽と隠蔽(いんぺい)の産物だった=辻田真佐憲著「大本営発表」

   ◆

不都合な事実の隠蔽は大本営の専売特許ではない。南スーダンのPKOをめぐる自衛隊の問題だ。現地の政府軍と反政府軍の争いを「戦闘」と表現した日報の存在がよほど都合が悪かったのか。陸自に保管されていたのに「ない」と押し通そうとしていた

   ◆

つじつまが合わない「九軍神」に当時、疑問を持った新聞記者もいたが事実は伝えられなかった。報道機関には軍部に協力し戦意をあおった苦い教訓がある。ここは競って真相を解明しなければ。防衛相が命じた監察に任せてはおけない。

(3月17日)

最近の斜面