長野県のニュース

斜面

「普通じゃないから」と友達のトモとの付き合いを禁じる母に小学生のカイが尋ねる。「普通って?」「異常じゃないってこと」。公開中の映画「彼らが本気で編むときは、」の一場面である

   ◆

荻上直子さんがメガホンをとり、性同一性障害で手術を受け、女性になったリンコを中心に家族の物語を描く。リンコと暮らすトモを理解できない母は、同性の先輩に好意を寄せるカイも全否定する。自分は異常なのかと悩むカイ。幼い心の絶望感が切ない

   ◆

文部科学省が小中学校の学習指導要領改定案を公開した。小学3、4年で理解させる目標として「思春期になると異性への関心が芽生えること」と改定前に引き続き記載している。13人に1人とされる性的少数者。30人クラスに1、2人いる可能性がある存在を否定していないか

   ◆

同性愛者を公表する室井舞花さんは、中学生のころ「誰でも異性に関心を持つ」という教科書の記述に打ちのめされた。「誰かに話せば社会から排除される」と思い込み、自分と向き合うことができなくなった。著作「恋の相手は女の子」に詳しい。現在は多様な性への配慮を教科書に求める活動を続ける

   ◆

「彼らが本気で―」では、落ち込むカイを「あなたのママは時々間違う」とトモが励ます。誰でも思い悩みながら、異なる存在を個性として認め合う。そこに目を向けることから「共生」の心は育つ。

(3月20日)

最近の斜面