長野県のニュース

国天然記念物「月瀬の大杉」、根羽で苗木を植樹

「月瀬の大杉」(奥)近くで開いた植樹祭の式典で苗木を受け取る大久保村長(中央)「月瀬の大杉」(奥)近くで開いた植樹祭の式典で苗木を受け取る大久保村長(中央)
 下伊那郡根羽村などは19日、同村平地区にある国天然記念物「月瀬(つきぜ)の大杉」(推定樹齢約1800年)の周辺で、初めての「大杉公園植樹祭」を開いた。この日は、2014年2月の大雪で折れた大杉の枝を県林業総合センター(塩尻市)が苗木に育てて寄贈。住民が見守る中、大杉の近くに植えられた。

 大杉周辺につり橋や遊歩道などを設け、15年にオープンした「大杉公園」の環境保全やPRにつなげようと、今回の植樹祭を開催。約100人の参加者が、広葉樹や山野草など46種類計約3千本を一帯に植えた。

 大杉は高さ約40メートル、幹回り約14メートルで県内有数の巨木。大雪で折れた枝の一部を同センターの研究員が挿し木し、市村敏文所長がこの日、高さ10〜35センチほどに育った苗木8本を大久保憲一村長に手渡した。

 大久保村長は「大杉の子どもたちを未来へ育てていけることがうれしい」とあいさつ。市村所長は「職員が情熱と愛情を込めて育てた苗木。これから100年、1000年の歴史を皆さんに見守ってもらいたい」と述べた。

 8本のうち1本は、大久保村長らが大杉近くの斜面に植樹。さらに4本を大杉周辺に植え、残る3本は同村と里山資源の活用などに関する連携協定を結ぶ信州大農学部(上伊那郡南箕輪村)で育ててもらうという。

(3月20日)

長野県のニュース(3月20日)