長野県のニュース

AC長野 勝利を呼ぶホームの熱気

ホーム開幕戦の勝利に沸くAC長野のサポーターホーム開幕戦の勝利に沸くAC長野のサポーター
 サッカーJ3・AC長野パルセイロは19日の今季ホーム開幕戦で、3―0でYS横浜を下し2連勝を飾った。試合があった長野市の長野Uスタジアム(南長野運動公園総合球技場)には約6千人のサポーターが詰め掛け、応援歌と手拍子で選手を鼓舞し続けた。

 試合が始まって間もない前半5分、コーナーキックに飛び込んだ大島嵩弘選手のヘディングシュートが決まると、スタジアム中に大歓声が響いた。後半32分には途中出場の宇野沢祐次選手に2季ぶりのゴールが生まれ、盛り上がりは最高潮に。サポーターは肩を組んで応援歌を歌ったり、タオルを振り回したりして喜んだ。

 佐藤悠希選手も得点し、長年チームを支えてきた3選手のゴールに、中野市平野小4年の鈴木大和君(10)は「最高の気分。今年こそJ2に昇格してほしい」。サポーター組織「HINCHADA NAGANO(インチャーダ・ナガノ)」代表の古川康平さん(44)は「見ていて応援したくなるサッカーが戻ってきた。これが続いた先に昇格があると思う」と話した。

(3月20日)

長野県のニュース(3月20日)