長野県のニュース

諏訪 6台事故19人けが 中央道 渋滞の列にトラック

多重事故で大破して逆向きになった車(手前)と後ろから衝突したとみられる大型トラック(奥左)=3日午後6時24分、諏訪市湖南多重事故で大破して逆向きになった車(手前)と後ろから衝突したとみられる大型トラック(奥左)=3日午後6時24分、諏訪市湖南
 3日午後5時ごろ、諏訪市湖南の中央道下り線で乗用車4台と軽乗用車、大型トラック各1台の計6台が絡む事故があった。県警高速隊によると、計19人がけがをして諏訪市などの病院に運ばれ、少なくとも6人が首の骨や肋骨(ろっこつ)を折るなどの重傷を負った。多くは軽傷とみられている。

 現場は平たんでほぼ直線。事故当時、現場の約2キロ先で行われていた工事の影響で渋滞が発生していたという。高速隊によると、止まっていた5台に後ろから来た大阪府門真市の運転手新納(にいろ)信明さん(45)の大型トラックが衝突した。高速隊は、自動車運転処罰法違反などの疑いで調べている。新納さんも全身打撲などで軽傷のもよう。

 事故の影響で、中央道下り線諏訪インター―岡谷ジャンクション間は午後5時25分から6時間近くにわたり通行止めとなった。

(4月4日)

長野県のニュース(4月4日)