長野県のニュース

SC軽井沢クラブ五輪決定 町が横断幕掲げ祝福

軽井沢町の軽井沢駅改札前に掲げられた祝福の横断幕=7日午前軽井沢町の軽井沢駅改札前に掲げられた祝福の横断幕=7日午前
 SC軽井沢クラブの平昌冬季五輪出場が決まり、クラブが拠点を置く北佐久郡軽井沢町は7日、町役場庁舎やJR軽井沢駅の改札前に、「祝SC軽井沢クラブ平昌(ピョンチャン)オリンピック出場決定!!」と書いた懸垂幕や横断幕を掲げた。選手たちの健闘や快挙を祝った。

 午前8時半ごろ、町役場に長さ8メートルの懸垂幕がかかると、集まった町職員ら70人ほどが拍手を送った。1998年長野五輪でカーリングの試合会場となり、2013年には競技拠点「軽井沢アイスパーク」が完成した同町。取材に対し、藤巻進町長は「長野五輪から積極的に進めてきたことが実った。あと1年間研さんを積み、ゴールドのメダルを目指して頑張ってほしい」と期待した。

 町職員は同9時すぎ、北陸新幹線(長野経由)で帰ってくる選手らの目に入るようにと、軽井沢駅改札前に長さ7メートル余の横断幕を付けた。

 埼玉県上里町からバスツアーで訪れた農業立石満さん(71)は、7日朝のテレビニュースで五輪出場決定を知った。横断幕を眺めながら「せっかく決まったのだから、頑張ってほしい。活躍を楽しみにしている」。仕事で改札前にいた地元の自営業中野克俊さん(65)は「五輪出場決定は全国ニュース。軽井沢という名前が出ることもうれしい」と喜んでいた。

(4月7日)

長野県のニュース(4月7日)