長野県のニュース

指紋採取で優れた方法考案 県警の警察官2人表彰

創意工夫功労者賞を受賞した中村警部補(左)と渕山巡査部長創意工夫功労者賞を受賞した中村警部補(左)と渕山巡査部長
 事件現場の指紋採取で従来より優れた方法を考え出したとして、県警の警察官2人が本年度の文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞を受賞した。長野市の県警本部で20日、同賞の伝達式があり、尾崎徹本部長が表彰状を手渡した。

 受賞したのは、諏訪署の中村千之警部補(39)と伊那署の渕山渉巡査部長(37)。

 2人は県警鑑識課に勤務していた2015年春から、粘着テープや水にぬれた場所に付いた指紋を効果的に採取する方法を研究。現在は、黒い粉を溶かした水をスプレーで吹きかけて指紋に色を付けることで浮かび上がらせているが、水に鉱物などの不純物が含まれていると色がつきにくく、色むらが出ることが課題だった。そこで、水に樹脂の一種を混ぜて不純物を吸着させることで、色むらを防ぐことに一定程度成功したという。

 既に諏訪署が採用。改良の余地もあり、さらに研究を進めているという。2人は「全国どこでも使える方法として普及してほしい」と話していた。

 文科省によると、同賞は本年度、全国で930人が受賞した。

(4月21日)

長野県のニュース(4月21日)