長野県のニュース

御岳ロープウェイ、29日に特別運行開始 安全祈願と訓練

ゴンドラから乗客役を救助した訓練=27日、木曽町三岳ゴンドラから乗客役を救助した訓練=27日、木曽町三岳
 御嶽山中腹に架かる御岳ロープウェイ(木曽郡木曽町)を運営するアスモグループ(同町)は27日、大型連休の特別運行が29日に始まるのを前に、防災訓練をした。2014年9月の噴火から3季目の無事を祈り、山麓側の鹿ノ瀬駅近くで安全祈願祭も開き、観光復興に向けた思いを新たにした。

 訓練は、ロープウエーが停止したと想定。地上5メートルほどで停止したゴンドラから、利用客役の3人を、滑車や袋状の救助装備を使って慎重に降ろした。

 安全祈願祭には、町や観光関係者ら40人余が出席。犠牲者に黙とうをささげ、山に向かって順番に花を手向けた。アスモグループの今孝志社長(63)は「噴火を風化させてはいけないという思いと、たくさんの人に来てほしいという両方の気持ちを持ちながら進んでいくしかない」とあいさつした。

 今季は残雪が多く、山頂側の飯森高原駅付近で2メートル近くある。駅から7合目の山小屋「行場山荘」近くまでは、雪の間を歩くことができる。特別運行は5月7日まで。本格運行は同27日〜11月5日となる。

(4月28日)

長野県のニュース(4月28日)