長野県のニュース

白馬大雪渓で雪崩、男性1人不明 1人は脱出

 28日午後0時32分ごろ、北アルプス白馬岳(2932メートル)の白馬大雪渓で雪崩が発生し、1人が巻き込まれたと登山者の男性から110番通報があった。県警山岳遭難救助隊員ら5人が県警ヘリコプターから降下して現場周辺を捜索したが見つからず、午後4時半に捜索を中断した。大町署によると、巻き込まれたのは北安曇郡内の会社員の男性(37)。29日午前7時に捜索を再開する。

 同署などによると、男性は同郡白馬村の販売店に勤めており、同僚男性(26)と2人で白馬岳に日帰り登山に来ていた。同僚男性も雪崩に巻き込まれたが自力で脱出し、けがはなかった。近くにいた別のパーティーに通報を依頼した。2人は、遭難時に居場所を知らせるビーコン(電波受発信器)を持っていなかったという。

 雪崩は大雪渓上部で発生し、規模は幅60〜70メートル、長さ約300〜400メートル。一帯は27日までに約50センチの新雪が積もり、その部分が滑り落ちた表層雪崩とみられている。

 現場は雪崩や落石の危険性が高いとし、29日の捜索も地上からは向かわず、県警山岳遭難救助隊と山岳遭難防止対策協会(遭対協)救助隊の計14人が、県警ヘリで現場に降下する。

 大型連休に合わせ、白馬大雪渓に至る猿倉登山口には29日早朝、遭対協などが春山登山相談所を設け、ビーコンなどの装備をチェックする。大町署は「ルート選定や登山中止の判断を相談してほしい」と呼び掛けている。

 長野地方気象台によると、29日の県内は曇りがちだが、寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、大気が不安定となり、雷や雨も予想される。連休前半は天気が崩れることがある見通し。山岳気象予報会社「ヤマテン」(茅野市)によると、白馬岳周辺は29日は朝は晴れるが、急変して吹雪になる可能性が高い。猪熊隆之代表は「新たな雪崩が起きる恐れがある」と警戒するよう求めている。

(4月29日)

長野県のニュース(4月29日)