長野県のニュース

ひんやり森の空気 満喫 上松・赤沢自然休養林

森林鉄道で涼しい風に吹かれながら景色を楽しむ家族連れ=30日、上松町の赤沢自然休養林森林鉄道で涼しい風に吹かれながら景色を楽しむ家族連れ=30日、上松町の赤沢自然休養林
 平均樹齢約300年のヒノキ林が広がる長野県木曽郡上松町の赤沢自然休養林に、県内外から大勢の人たちが訪れている。朝から晴れ間が広がった30日は、家族連れや友人同士などが森林鉄道に乗ったり、遊歩道を散策したりしながら、緑あふれる景色を楽しんでいた。

 休養林の広さは728ヘクタールで、園内の1・1キロの区間を森林鉄道がゆっくりと往復している。ヒノキ以外にも、サワラやネズコなどの木曽五木も見ることができる。最近は「森林浴発祥の地」として海外でも紹介されるようになり、外国人旅行者の姿も。川の中に足を漬けて喜ぶ子どももいた。

 愛知県東海市から親子3人で初めて訪れたという会社員太田光彦さん(43)は「森の中はひんやりとしていて、すごく気持ちが良かった」。

 休養林は4月29日に開園、11月7日まで営業する。

(5月1日)

長野県のニュース(5月1日)