長野県のニュース

県内の14歳以下の子どもは26万2218人

 長野県の年齢別人口推計(4月1日時点)によると、14歳以下人口(年少人口)は26万2218人で、2016年10月1日の前回推計より2676人減った。県内総人口に占める割合は12・7%で、同0・1ポイント減。総人口に占める割合(16年10月1日時点)は、都道府県別で18番目に高かった。

 県内の子どもの数と総人口に占める割合は1950(昭和25)年以降、減少傾向が続く。国勢調査結果(各年10月1日時点)によると、50年は71万7248人、34・8%だったが、60年には57万1749人、28・9%で3割を割った。90年は39万2889人、18・2%と10%台になった。

(5月5日)

長野県のニュース(5月5日)