長野県のニュース

長野で初の獅子舞フェス 市内69団体が披露

「ながの獅子舞フェスティバル」のオープニングで演舞する多数の獅子=4日、長野市の中央通り「ながの獅子舞フェスティバル」のオープニングで演舞する多数の獅子=4日、長野市の中央通り
 長野市内の獅子舞保存団体が集まる初の「ながの獅子舞フェスティバル」が4日、同市の中央通りで開かれた。69団体の計約千人が出演。汗ばむ陽気の中、力強い舞いや軽快な神楽ばやしを披露すると、沿道を埋めた大勢の観客から盛んな拍手が湧いた。

 後継者不足に悩む各地の保存団体が一堂に会して演じ、情報交換する場をつくろうと市が企画した。オープニングでは25団体が一斉に熱演。鳴り響く笛や太鼓の音に、ずらりと並んだ獅子頭が動きを合わせた。集まった観客は「いいぞ」と声援を送って盛り上げた。参加団体は中央通りに設けられた七つの会場に分かれ、それぞれ自慢の演舞を披露した。

 「七瀬中町太々(だいだい)神楽保存会」で獅子頭を担当した同市桜ケ岡中学校1年生の塚田創士さん(12)は「大勢の前で緊張したけれど、達成感があった。大人みたいに格好良く演じられるように、これからも続けたい」と汗を拭った。

(5月5日)

長野県のニュース(5月5日)