長野県のニュース

さあ日常へ Uターン本格化で県内混雑

多くの車で混雑する長野道上り線梓川サービスエリア=6日午後3時6分、安曇野市豊科高家多くの車で混雑する長野道上り線梓川サービスエリア=6日午後3時6分、安曇野市豊科高家
 大型連休を県内で過ごした帰省客や行楽客らのUターンが6日、本格化した。東京方面への北陸新幹線(長野経由)上りは午後、指定席がほぼ満席になった。一方、県内の高速道は混雑したものの、目立った渋滞はなかった。

 JR東日本長野支社によると、長野発の上り新幹線の指定席は6日昼前からほぼ満席になった。中央東線は午後1時2分松本発新宿行きの特急スーパーあずさで自由席の乗車率が110%に達した。

 7日は、北陸新幹線の上り指定席は午前中の早い時間帯と夜間を除いてほぼ満席。特急も日中を中心に混雑が続く見込みという。

 長野道では、上り線梓川サービスエリアが混雑し、みどり湖パーキングエリア(PA)一帯の上り線は通行量が多かった。県警は、7日午後3〜9時に上り線同PA付近から松本インター付近まで5キロ程度の渋滞が発生すると予測している。

 6日の県営松本空港(松本市)発のフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)便の搭乗率は、札幌行きが82%、福岡行きの2便が89%と94%だった。7日も混雑が続く見通しという。

(5月7日)

長野県のニュース(5月7日)