長野県のニュース

7月以降 管理者が未定 王滝村のスキー場「おんたけ2240」

「おんたけ2240」で今季最終日の滑りを楽しむ人たち=7日、王滝村「おんたけ2240」で今季最終日の滑りを楽しむ人たち=7日、王滝村
 木曽郡王滝村が所有するスキー場「おんたけ2240」の7月以降の指定管理者が決まっていない。村は3月中に、今後5年間の指定期間で管理者を募ったが、応募がなかった。2014年9月の御嶽山噴火から3季目の今季も利用者が噴火前の水準に戻らなかったことなどが背景とみられる。村は存続に向け、指定管理条件の見直しや、別の運営方法を検討し、5月中に方針を決める意向だ。

 スキー場は12年5月から5年間、県内外でスキー場再生を手掛けるマックアース(兵庫県)を指定管理者とし、同社と村内の第三セクターが共同出資した「御嶽リゾート」が運営。契約期間を6月末までに延長している。従来、施設修繕費などの管理経費を5年間で1億円まで村が負担するとしていた。だが、御嶽リゾート側に「これ以上の負担があった」(村総務課)とし、3月の募集では、村が「可能な範囲内で負担する」としたが応募がなかった。

 噴火後の14〜15年のシーズンは2カ月しか営業できず利用者は約2万3千人。15〜16年も雪不足で予定より1カ月早く終了。5月7日まで営業した今季の利用者は約5万4千人で昨季より約4千人減った。シーズン当初に雪不足で全面滑走できなかったことなどが響いたという。

 スキー場は村の冬季観光の目玉で、瀬戸普村長は「財政が許す範囲で、できる方法を考えたい」。御嶽リゾートの田中秀社長(55)は「マックアースは撤退すると決めたわけではない」としている。

 スキー場ゲレンデ脇の御嶽山登山口には、田の原観光センターがある。村によると、夏山シーズンの営業に影響はないという。

(5月9日)

長野県のニュース(5月9日)