長野県のニュース

教育勅語の複製 販売中止 松本市教委が旧開智学校で

旧開智学校旧開智学校 旧開智学校の売店に並んだ教育勅語の複製(中央)。松本市教委は販売を中止した旧開智学校の売店に並んだ教育勅語の複製(中央)。松本市教委は販売を中止した
 松本市教育委員会が重要文化財「旧開智学校」(松本市)の売店で史料の一つとして販売していた教育勅語の複製に付けられた現代語訳に、専門家から「元の意味を正確に伝えていない」との指摘が出ていることが分かり、市は18日までに販売を中止した。市教委は「特定の解釈を伝える可能性がある」として今後の対応を検討している。

 市教委が販売していたのは、御名御璽(天皇の名前と印章)が入った教育勅語の複製で、1部1100円(税込み)。岩手県内の業者が作り、30年近く前から売店に置いていたという。業者は既に製造しておらず、在庫がある静岡県内の業者から仕入れ、旧開智学校で販売していた。

 複製には「教育勅語の口語文訳」とする現代語訳が付属。原文の「一旦(いったん)緩急アレハ義勇公ニ奉シ以(もっ)テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スへシ」の訳として、「非常事態の発生の場合は、真心を捧(ささ)げて、国の平和と、安全に奉仕しなければなりません」としている。

 一方、1940(昭和15)年の旧文部省による全文通釈はこの部分を「万一危急の大事が起こったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為(ため)につくせ」と記述している。

 教育勅語に関する研究がある長谷川亮一・千葉大大学院特別研究員は今回の複製付属の現代語訳について、「『以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ』の訳し落としがある」と指摘。「教育勅語の忠君愛国思想の側面を、意図的誤訳によってそぎ落としている」との見方を示す。

 旧開智学校を管轄する市立博物館は「売店に並ぶ復刻教科書などと同様に、史料の一つとして販売していた」と説明。今後については「仮に販売を継続する場合も、教育勅語を巡る歴史などを示す必要がある」としている。

(5月19日)

長野県のニュース(5月19日)