長野県のニュース

熊本城復興祈る「城ヨガ」 高遠城址公園でイベント

熊本城の復興を支援しようと開かれた「城ヨガ」で体を動かす参加者ら熊本城の復興を支援しようと開かれた「城ヨガ」で体を動かす参加者ら
 昨年4月の熊本地震で被災した熊本城(熊本市)の復興を支援する催し「しなのの城ヨガ2017」が18日、長野県伊那市の高遠城址(じょうし)公園で行われた。城や城跡でヨガを体験してもらい、参加費を熊本市に寄付する目的で、7月8日まで県内4カ所で行うチャリティーイベントの初回。県内外の約120人が参加し、復興への思いを込めてヨガを楽しんだ。

 尼僧でもあるヨガ講師のガッソ有香(ゆうか)さん(34)=東京=らが指導した。参加者はタカトオコヒガンザクラが緑の葉を茂らせる公園内で、鳥のさえずりを聞きながらヨガを始めた。四つんばいの状態から片手、片足を伸ばしたり、2人一組で背中合わせになってポーズを取ったり。2時間半ほどの催しの最後には、被災地に思いをはせ、手を合わせた。

 岡谷市山手町の会社員大池宏和さん(44)は家族3人で参加した。宏和さんは「被災地から離れた場所でできることは限られている。ヨガを通じて支援できて良かった」と話していた。

 「城ヨガ」プロジェクトと称し、「ヨガエイド熊本城実行委員会」が全国のヨガ講師に呼び掛けて昨年始まったイベントで、国内100カ所の城や城跡で開催することを目指し、これまでに熊本城、大阪城、名古屋城、小田原城で実施。県内ではヨガ講師23人が実行委をつくり、25日に松代城跡(長野市)、7月2日に上田城跡(上田市)、同8日に松本城(松本市)で開く。参加費全額と、会場で募る義援金を熊本市に寄付する計画。事前申し込み不要で、実行委は参加を呼び掛けている。

(6月19日)

長野県のニュース(6月19日)