長野県のニュース

歯科技工士、入れ歯に名入れ 南牧の老人ホームでボランティア

名入れのために入れ歯を削る歯科技工士たち名入れのために入れ歯を削る歯科技工士たち
 佐久歯科技工士会(松本公明会長)は25日、長野県南佐久郡南牧村野辺山の特別養護老人ホームのべやまで、施設利用者の入れ歯に名前を入れるボランティアをした。歯科技工士11人が参加し、56人分の入れ歯の歯茎部分に、利用者の名前を印刷したシールを埋め込んだ。

 歯科技工士の仕事を知ってもらい、施設職員たちの負担も減らそうと15年ほど前に始め、4回目。入れ歯の歯茎の部分を削って縦5ミリ、横2センチ程度のくぼみを作り、そこへ名前が入ったシールを埋め込んで平らになるように磨いていった。

 同老人ホームによると、職員が利用者の口腔(こうくう)ケアをした際に他人の入れ歯と取り違えそうになったり、利用者自身が入れ歯をなくしたりすることがある。春原秀利施設長(63)は「管理がしやすくなり、利用者さんの口腔の健康にもつながる。とても助かります」と感謝していた。

(6月26日)

長野県のニュース(6月26日)