長野県のニュース

県内鉄道会社6社の入場券に行列 記念台紙付き限定販売

松本駅の東西自由通路で行った県内鉄道会社6社の記念台紙付き入場券の販売には、大勢の鉄道ファンが詰め掛けた松本駅の東西自由通路で行った県内鉄道会社6社の記念台紙付き入場券の販売には、大勢の鉄道ファンが詰め掛けた
 信州DCに合わせ、県内の鉄道会社6社は1日、共同企画として記念台紙付きの入場券の限定販売を始めた。松本市の松本駅では午前10時から3時間、通常は各社の決まった駅ごとに販売する全7種類(JR東日本は長野、松本の2エリア分)を300点ずつ用意。一時は約200人が列をつくる人気で、売り切れる入場券もあった。

 台紙は北アルプスの写真を使った表紙が共通で、裏側に各社が運行する列車のイラストが描かれている。埼玉県久喜市の会社員矢崎隆一さん(51)は午前4時ごろから並んで全種類を購入。「デザインがいい。しっかり保管しておきたい」と満足げだった。

(7月2日)

長野県のニュース(7月2日)