長野県のニュース

南木曽・妻籠の水源への影響「データ不足」 リニアの中アトンネル

JR東海がボーリング調査した地点近くで、JR側の説明を聞く県の専門委員会委員ら=5日、南木曽町JR東海がボーリング調査した地点近くで、JR側の説明を聞く県の専門委員会委員ら=5日、南木曽町
 JR東海のリニア中央新幹線中央アルプストンネル(延長23・3キロ)建設を巡り、掘削工事が木曽郡南木曽町妻籠の水道水源に与える影響を審査する県環境審議会の専門委員会(委員長・真柄泰基全国簡易水道協議会相談役)が5日、現地を視察した。その後、町役場で2回目の会合を開き、「町、JRの双方から出ているデータでは、トンネル工事によって水源の渇水が起きるかどうかを判断できない」として資料の追加提出を求めた。

 この日は真柄委員長と委員2人が妻籠地区の2カ所の水源や、過去に土石流災害などが起きている大崖地区、JRがボーリング調査した地点など水道水源保全地区を回り、一帯の地質が脆弱(ぜいじゃく)なことを確認した。

 水源のある場所と、その下のトンネルを掘る場所の地層が違うため、工事で影響が出ない―と説明したJRに対し、富樫均委員(県環境保全研究所専門研究員)は会合で「断層が幾つもある場所で、地質も弱いことも考えると、地質の割れ目などから水が流れ出さないとする根拠をもっと明確に示す必要がある」と指摘した。

 町に対しては、図面の残っていない一つの水源について、取水施設の構造を調べて示すよう注文した。

 こうした発言を踏まえ、真柄委員長は「水源の湧水が、雨水など浅い場所からの影響が大きいのか、深い場所から出ているのかは、今の資料からでは判断できない」とし、双方にさらに資料を提出するよう求めた。

 専門委は10月をめどに最終意見をまとめ、県環境審議会に報告する。

(7月6日)

長野県のニュース(7月6日)