長野県のニュース

下諏訪町漕艇場でネムノキが花盛り 夏空を彩る

諏訪湖からの風にそよぎ、甘い香りを漂わせるネムノキの花=12日、下諏訪町漕艇場諏訪湖からの風にそよぎ、甘い香りを漂わせるネムノキの花=12日、下諏訪町漕艇場
 長野県諏訪郡下諏訪町漕艇場の駐車場脇に植わるネムノキが花盛りになり、梅雨の合間の夏空を彩っている。12日は諏訪湖から吹く風にピンク色の花がそよぎ、甘い香りを漂わせていた。

 高さ8メートルほどの木が4本並び、枝先にたくさんの花を付けている。ブラシのように見えるのは多数の雄しべで、白い根元から先端にかけてピンク色が濃くなる。香りに誘われて、ハチやチョウが周囲を忙しく飛び回っており、足元には、房ごと落ちた花が彩りを広げていた。

 散歩で毎日通るという同町清水町の小口貞光さん(81)は「毎年楽しみにしている。優しい色合いが美しい」。同駐車場では2018年度、近くにある町の艇庫の移設工事が始まる予定で、「残るといいけれど」と期待しながら見上げていた。

(7月13日)

長野県のニュース(7月13日)