長野県のニュース

熱中症か 県内19人搬送 厳しい暑さ 松本で35.5度

 県内は20日も厳しい暑さが続き、松本で最高気温35・5度を記録して猛暑日になった。大半の観測地点で最高気温が30度以上の真夏日となり、少なくとも19人が熱中症とみられる症状で救急搬送された。

 中等症の疑いは、前日に炎天下で作業して発熱などを訴えた長野市の男性(50)、同市で農作業中だった女性(44)、茅野市でゴルフをしていた男性(77)。飯山市でエアコンの切れた車内で寝ていた女性(48)は、中等症か軽症とみられる。

 ほかに、長野市と飯田市で3人ずつ、松本、中野、小諸、東御の各市、東筑摩郡山形村、北安曇郡白馬村、上伊那郡南箕輪村、飯島町、下伊那郡喬木村で1人ずつが軽症のもよう。

 上田広域消防本部は20日、熱中症が原因で19日に死亡した上田市の90歳の性別を女性と訂正した。熱中症が疑われる救急搬送者数の集計作業時でのミスとしている。

(7月21日)

長野県のニュース(7月21日)