長野県のニュース

熱中症の疑い 少なくとも21人搬送

 県内は22日も晴れた所が多く厳しい暑さとなり、上田で最高気温35・6度、飯田市南信濃で35・0度を観測し、最高気温が35度以上の猛暑日になった。長野地方気象台によると、県内の30観測地点のうち10地点で今年最高気温を観測した。県内の各消防本部などによると、少なくとも21人が熱中症の疑いで病院に運ばれた。

 諏訪広域消防本部によると、諏訪郡下諏訪町でランニング中の女性(13)が具合が悪くなり、諏訪市内の病院に搬送された。伊那市の80代男性は、自宅のエアコンが入らず、ふらついて起き上がれなくなっている―と家族から119番通報があった。上田市では、女性(88)が自宅で動けなくなっているのを訪問した介護職員が発見した。いずれも中等症とみられる。

 このほか、長野市、松本市、飯田市、須坂市、飯山市、北佐久郡軽井沢町、下高井郡野沢温泉村、東筑摩郡筑北村で中等症や軽症の疑いで病院に運ばれた人がいた。

 長野地方気象台によると、23日の県内は前線が南下する影響で昼前から雨になるところが多い見込み。このため気温の上昇は緩やかという。

(7月23日)

長野県のニュース(7月23日)