長野県のニュース

御嶽海 2場所連続殊勲賞

 大相撲名古屋場所の三賞選考委員会(委員45人以内)が23日、千秋楽中入り前に開かれ、御嶽海は初日に横綱稀勢の里、11日目に通算勝利数の記録が懸かった全勝の横綱白鵬への白星が評価され、殊勲賞に選ばれた。御嶽海の殊勲賞獲得は5月の夏場所から2場所連続2度目となった。

 新関脇場所を飾った御嶽海は「2場所連続で取れるとは思わなかったので良かった」と喜んだ。

 御嶽海は昨年5月の夏場所で敢闘賞、今年1月の初場所で技能賞を取っており、三賞選出は4度目。今年になって4場所のうち3場所で受賞した。殊勲賞は横綱を破るなど幕内優勝に関係ある勝ち星を挙げた力士が選ばれる。

 委員の日本相撲協会後援者から候補に推薦された。多数決の挙手では、出席委員の84%となる21人から賛成を得た。協会審判部の委員3人は手を上げなかったが、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)が「白鵬が優勝した場合の御嶽海」と、別に条件付きで候補として推薦していたためで、御嶽海は結果的にほぼ全員から評価を受けた形となった。

(7月24日)

長野県のニュース(7月24日)