長野県のニュース

20回目の長野マラソン 来年4月15日 モニュメント建立も

 長野マラソン大会の組織委員会議は25日、長野市内で開き、来年の第20回大会を4月15日に開催することを決めた。節目の大会に合わせたモニュメント建立などの事業計画案も了承された。

 大会事務局によると、モニュメントはスタート会場の長野運動公園、フィニッシュ会場の南長野運動公園のどちらかに建立する方針で詳細を詰めている。県と長野市など5市町村が進めている長野五輪・パラリンピック20周年記念事業の一つとして、長野マラソンを開催する方向でも長野市との協議を進めている。

 第20回大会から年代別の表彰をこれまでの10歳区切りの6分類から、5歳区切りで「25歳未満」から「80歳以上」までの13分類に拡大する。第1回から20回連続で申し込んだ参加者への記念品贈呈や、第18回大会から3大会連続で3時間未満での完走を達成したランナーへの表彰も行う。第11回から第20回までの大会の様子を、写真を中心にまとめる記念誌の制作も計画している。

 参加定員は第19回大会と同じ1万人で、参加料も同額の1万800円。9月上旬に詳しい申し込み方法を発表し、10月21日から参加申し込みを受け付ける。

(7月26日)

長野県のニュース(7月26日)