長野県のニュース

元気いっぱい英語劇 諏訪・高島小児童上演

「pull pull…」。「おおきなかぶ」の名場面も英語で披露した「pull pull…」。「おおきなかぶ」の名場面も英語で披露した
 諏訪市高島小学校の3年生43人と4年生46人が25日、「おおきなかぶ」「桃太郎」などの劇を英語で上演した。本年度始まった外国語学習の一環で、簡単な単語でストーリーを表現し、英語の言い回しを学ぶ目的。保護者や教員が見守る中、身ぶりを交えて元気いっぱいに発表した。

 3、4年生はそれぞれ4グループに分かれ、3年生がロシア民話「おおきなかぶ」、4年生が「桃太郎」「浦島太郎」を校内で演じた。担任が考えた脚本には児童のアイデアも交えたという。

 「おおきなかぶ」でカブを引き抜く場面では、「うんとこしょ、どっこいしょ、けれどもカブは抜けません」を「pullpulltillit,sout!」の訳で表現し、数珠つなぎになって声を合わせた。手作りの衣装を着た「ドラえもん」や相撲の「力士」も登場させた。

 3、4年生は本年度から週1回ずつ英語学習を始めており、「英語で人に気持ちを伝えたり、人とつながったりする楽しさを知ってほしい」と外国語活動主任の小林直美教諭。3年生の滝沢遼典(りょうすけ)君(9)は「普段、ほとんど使わない英語を使ってみんなと遊べて楽しかった」と話していた。5、6年生も26日に英語劇を上演する。

(7月26日)

長野県のニュース(7月26日)