長野県のニュース

山川啓介さん死去 小海出身 「聖母たちのララバイ」作詞

 岩崎宏美さんの「聖母(マドンナ)たちのララバイ」をはじめ幅広いジャンルの歌詞を手掛けた作詞家山川啓介(やまかわ・けいすけ、本名・井出隆夫=いで・たかお)さんが24日午前7時すぎ、肺がんのため佐久市の県厚生連佐久総合病院佐久医療センターで死去した。72歳。南佐久郡小海町出身。自宅は北佐久郡軽井沢町。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻満(みちる)さん。

 上田高校、早大卒。「太陽がくれた季節」「ふれあい」「時間よ止まれ」など数多くのヒット曲を作詞。アニメ・特撮作品の主題歌や、「北風小僧の寒太郎」(井出名義)など子ども向けの歌も手掛けた。脚本家、舞台構成家などとしても活躍した。

 県内では、佐久市の望月小、佐久平浅間小、北佐久郡立科町の立科小などの校歌を作詞。信濃毎日新聞では2016年4月〜17年3月、文化面で「思索のノート―めぐり会った歌たちに」を連載した。

(7月27日)

長野県のニュース(7月27日)