長野県のニュース

諏訪・小丸山古墳出土のよろい 飛鳥寺埋納品と類似

飛鳥寺の埋納品と似ていると分かった小丸山古墳出土のよろいの部品=26日飛鳥寺の埋納品と似ていると分かった小丸山古墳出土のよろいの部品=26日
 諏訪市教育委員会は26日、同市豊田の「小丸山古墳」から出土したよろいに、奈良県明日香村の飛鳥寺に埋納されていたよろいと同じ技術が用いられていることが分かったと発表した。同古墳は飛鳥寺の創建と同じ6世紀末ごろに造られたとみられている。これまでの出土品と合わせ、ヤマト王権と関係のある有力者が埋葬されたことが裏付けられた―としている。

 小丸山古墳のよろいは「小札(こざね)」と呼ぶ幅2、3センチ、長さ8〜10センチの鉄製の板を、ひもなどでつないで装着する形式。市教委は2016年度、奈良市の元興寺文化財研究所に委託し、小札約千枚を分析調査。脇の周りに特殊な形の小札が用いられるなど、飛鳥寺のよろいとの共通点が多く見つかった。

 市教委によると、飛鳥寺の埋納品に似たよろいはほかに確認されておらず、最新だったよろいを入手できる有力者が諏訪にいたと考えられる。市教委の児玉利一学芸員は「馬を供出することで中央の王権とつながっていたのではないか」と話した。

 小丸山古墳では、当時は近畿地方にしかなかったとされる技術「象嵌(ぞうがん)」を施した刀のつばや金具なども出土しており、小札と合わせて分析調査。象嵌の模様を描くのに銀が使われていたことが分かった。金色の鈴は極薄の金で覆われ、金メッキか金箔(きんぱく)を貼った可能性があるという。

 元興寺文化財研究所総合文化財センターの塚本敏夫センター長は「飛鳥寺を創建した蘇我氏は当時随一の権力者で、最新の武具を埋納している。似た武具があるということは、最先端の技術が諏訪に来ていたことを意味する」と話している。

 市教委は今後、小札や象嵌を施した刀の装具などのさびを落とすなどの保存処理を進め、市民に公開する方針だ。

(7月27日)

長野県のニュース(7月27日)