長野県のニュース

アリオ松本、閉店は9月10日

 今秋閉店する方針が明らかになっている松本市の松本駅前にある商業施設「アリオ松本」の閉店日が9月10日に決まったことが27日、分かった。施設を運営するイトーヨーカ堂(東京)の親会社の流通大手セブン&アイ・ホールディングス(同)によると、28日から3日間の日程で第1弾の閉店セールを開催。その後も閉店まで、段階的にセールを企画する。

 アリオ松本が入るビルは地上7階地下1階で、アルピコホールディングス(松本市)傘下のアルピコ交通(同)が所有する。アリオ松本は地上6階から地下1階で営業し、総合スーパー「イトーヨーカドー松本店」を核店舗に、生活雑貨店「ロフト」、ベビー用品店「アカチャンホンポ」など20店ほどが入っている。

 このうちロフトとアカチャンホンポは、ヨーカ堂が松本市内で運営する「イトーヨーカドー南松本店」に移る。松本市中心部では9月、流通大手イオン(千葉市)傘下のイオンモール(同)が大型商業施設「イオンモール松本」を開業する予定。ヨーカ堂はアリオ松本を閉店する一方、ヨーカドー南松本店に経営資源を集中しててこ入れを図る。

 アルピコ交通は来年3月をめどに、アリオ松本が入るビルを観光商業施設として再オープンする計画。テナント誘致と開業後の運営を、商業施設コンサルティングのやまき(東京)に委託した。アルピコ交通によると、地下1階にはアルピコグループの食品スーパー「デリシア」が入ることが決まった。

(7月28日)

長野県のニュース(7月28日)