長野県のニュース

貸し切りバス抜き打ち街頭監査 上高地で国交省

抜き打ち監査をした観光バスで、運行指示書に目を通す北陸信越運輸局の監査官=27日午前9時半ごろ、松本市抜き打ち監査をした観光バスで、運行指示書に目を通す北陸信越運輸局の監査官=27日午前9時半ごろ、松本市
 国土交通省北陸信越運輸局(新潟市)などは27日、松本市安曇の上高地バスターミナルで貸し切りバスを対象に抜き打ちの街頭監査をした。30台を対象に行った結果、県外のバス1台で運行管理者が法律に基づく点呼を運行前にしていないことが分かり、運転手に是正指示書を手渡した。

 夏の観光シーズンを前に行い、北佐久郡軽井沢町で昨年1月に起きたスキーバス転落事故後、県内で8回目。監査官が停車中のバスに乗り込み、経路などを記した運行指示書を確かめ、運転手の体調などについても聞き取った。

 同運輸局の林伸治自動車交通部長(58)は「軽井沢の事故後、違反件数は減少傾向だが、引き続き安全意識の浸透に努めたい」と強調。ツアー客を乗せて名古屋に向かう上田市のバス会社の男性運転手(52)は「2時間を超えて運転しないなどの対策を行っている」と話していた。

(7月28日)

長野県のニュース(7月28日)