長野県のニュース

斜面

ハンマー投げで遠くに飛ばすには、回転で生まれる遠心力を高めることが必要だ。4回転して手を離れる瞬間の負荷は最大400キロにもなるという。五輪金メダリストの室伏広治選手はこの力に負けないよう筋肉を増やし、鍛え上げた

   ◆

組織に働く遠心力の抑え役になるのは、指導者の統率力か。民進党の代表辞任を表明した蓮舫氏は「遠心力を働かせてしまった」と悔しそうだった。都議選に惨敗し党内はばらばら。苦労を共にしてくれる幹事長のなり手もなく、投げ出すほかなかった

   ◆

結束が信条のはずの防衛省で高まった遠心力も驚きである。PKO派遣部隊が作成した日報が「廃棄した」とされた後に見つかった問題だ。隠蔽(いんぺい)を知らなかったとする稲田朋美防衛相に対し主張を覆す内部証言が続いた。よほど腹に据えかねたのか、見方によっては救いでもある

   ◆

けれど厳格とされる調査の結果は、内部証言と食い違ったまま。これでは大臣の辞任で「一件落着」とはいかない。歴史認識など考え方が近い稲田氏を政界に引き入れ、重用してきたのは安倍晋三首相である。任命責任もはっきりさせなければなるまい

   ◆

「遠心力と求心力」について評論家大宅壮一は次のように書く。生活では交互に作用するらしく、平凡な日常から脱出しようとして遠心力が働くが、旅に出てしばらくすると解放感は薄れ、家が恋しくなる―と。離れた人心は曖昧なまま隠蔽問題を終わらせようとする政権に戻るだろうか。

(7月29日)

最近の斜面