長野県のニュース

来年は信州 「みやぎ総文」あす開幕

みやぎ総文生徒実行委員(左)と共に総合開会式のリハーサルをする信州総文祭の生徒実行委員、マスコット「信州なび助」=29日、仙台市みやぎ総文生徒実行委員(左)と共に総合開会式のリハーサルをする信州総文祭の生徒実行委員、マスコット「信州なび助」=29日、仙台市
 「文化部のインターハイ」と呼ばれる第41回全国高校総合文化祭「みやぎ総文」が31日、仙台市などで開幕する。来年8月の次回総文祭「信州総文祭」に向け、長野県の信州総文祭生徒実行委員約70人も大会運営を見たり、宮城県の高校生と交流したりする。29日、総合開会式に参加する実行委の先発隊9人が仙台市に入り、リハーサルに臨んだ。

 9人は総合開会式で一緒に舞台に立つ宮城の生徒実行委員と顔合わせし、互いのせりふや動きを確認。その後、ステージに上がり、リハーサルをした。本番では2県の祭りや食べ物をPRし、信州総文祭もアピールする。

 信州総文祭生徒実行委副委員長で、長野西高校2年の佐藤美佑(みゆう)さん(16)は「今日はうまくいった。本番は緊張しそう」と話していた。

 みやぎ総文は宮城県内10市町が会場。演劇、書道、弁論など23部門に約2万人が集う。長野からも過去最多規模の約660人が参加予定だ。

(7月30日)

長野県のニュース(7月30日)