長野県のニュース

花々とチョウ、短い夏の競演 北アルプス・西穂山荘

オタカラコウの黄色い花の周囲をアサギマダラが飛び回る=北ア西穂山荘近くオタカラコウの黄色い花の周囲をアサギマダラが飛び回る=北ア西穂山荘近く
 北アルプスの西穂山荘(標高2367メートル)付近で、高山植物のオタカラコウの黄色い花が見頃を迎えている。登山客の腰の下ほどの高さまで伸びた茎の先に、小ぶりの花がいくつも固まって咲き、風に揺れている。

 同山荘によると、今年は梅雨に雨が少なかったこともあって雪解けが遅く、花が咲き始めたのは平年より半月ほど遅い7月中旬以降。花の周りでは、アサギマダラが水色に黒い模様を描いたような羽を羽ばたかせ、蜜を吸っていた。

 付近では紫色のハクサンフウロやオレンジ色のクルマユリなども見頃。短い夏の花々の競演が、訪れた人たちを楽しませている。

(8月4日)

長野県のニュース(8月4日)