長野県のニュース

山雅、AC長野に1ー0 県サッカー協会70周年記念試合

松本山雅―AC長野 後半、セットプレーで競り合う松本山雅・谷奥(中央奥)やAC長野・塩沢(同手前)ら両チームの選手松本山雅―AC長野 後半、セットプレーで競り合う松本山雅・谷奥(中央奥)やAC長野・塩沢(同手前)ら両チームの選手
 県サッカー協会創立70周年を記念した松本山雅(J2)とAC長野パルセイロ(J3)の試合が6日、松本市のアルウィンで行われ、松本山雅が1―0で勝った。県内Jクラブ同士が対戦する「信州ダービー」の公式戦は、昨年3月のJリーグプレシーズンマッチ以来。

 5日にリーグ戦があった松本山雅は、同試合に出場しなかった選手や途中出場の選手が出場。J3のリーグ戦が中断期間のAC長野は主力級の選手が名を連ねた。0―0で前半を折り返すと、松本山雅は後半10分、宮阪のCKに谷奥が頭で合わせて得点した。終盤は激しい雨の中での試合になった。観客は6646人。

 試合前には、7月末に審判員としてJ1での担当が通算100試合に達した山際将史さん(小県郡青木村)に花束が贈呈された。

(8月7日)

長野県のニュース(8月7日)