長野県のニュース

雨の「立秋」キバナコスモス鮮やか 阿智・治部坂高原

治部坂高原スキー場のゲレンデをオレンジ色に染めるキバナコスモスの花=7日午前10時半、阿智村浪合治部坂高原スキー場のゲレンデをオレンジ色に染めるキバナコスモスの花=7日午前10時半、阿智村浪合
 暦の上では秋が始まる二十四節気「立秋」の7日、長野県下伊那郡阿智村浪合の治部坂高原スキー場にある「100万本のコスモスガーデン」では、早咲きのキバナコスモスの花が見頃を迎えている。

 標高約1200メートルのスキー場は同日午前、台風5号接近の影響で徐々に雨脚が強まった。観光客は傘を差したりレインコート姿で、ゲレンデをオレンジ色に染めた花の間を散策して楽しんでいた。横浜市から父母と旅行で訪れた小笹夏帆さん(24)は「雨でも元気いっぱいに咲いていて、色鮮やかできれい」と話していた。

 同スキー場の谷川和久支配人(52)によると、花は例年より1週間ほど遅い7月下旬に咲き始めた。台風5号の風で倒れるなどしなければ、今月20日ごろまで楽しめる。その後は現在三分咲きのピンクや赤のコスモスが見頃を迎えるという。入場料は大人300円、小中学生200円、園児以下は無料。

(8月7日)

長野県のニュース(8月7日)