長野県のニュース

松商、胸張り憧れの舞台 夏の甲子園開幕

第99回全国高校野球選手権大会の開会式で入場行進する松商学園の選手たち=8日、甲子園球場第99回全国高校野球選手権大会の開会式で入場行進する松商学園の選手たち=8日、甲子園球場
 台風5号の影響で開幕が1日延びていた第99回全国高校野球選手権大会の開会式が8日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開かれた。9年ぶり36度目の出場を果たした松商学園の選手たちが憧れの舞台を踏んだ。

 甲子園球場は未明まで降った雨がやみ、芝生の緑が濃さを増した。午前9時に始まった開会式は、前回優勝校の作新学院(栃木)を先頭に49代表校が北から順に入場行進。18番目に登場した松商学園ナインは観客の手拍子に迎えられ、落ち着いた足取りで行進した。

 大会長らが選手を激励。作新学院の添田真聖主将が優勝旗を返還し、滝川西(北北海道)の堀田将人主将が「全国の高校球児の思いを胸に、最後まで諦めず正々堂々と全力でプレーする」と選手宣誓した。

 引き続き波佐見(長崎)―彦根東(滋賀)の開幕戦が行われ、15日間(休養日を含む)の熱戦がスタートした。松商学園は第2日第2試合(9日午前10時30分開始予定)の1回戦で土浦日大(茨城)と対戦する。

(8月8日)

長野県のニュース(8月8日)