長野県のニュース

残土持ち込み20万立方メートル 松川町にJR東海が計画提案

残土による盛り土造成の提案があった農地=9日、松川町残土による盛り土造成の提案があった農地=9日、松川町
 JR東海が、リニア中央新幹線建設工事で発生する残土のうち20万立方メートル以上を下伊那郡松川町上片桐に持ち込む計画を町に提案していることが9日、町関係者への取材で分かった。町によると、JRは、町が上片桐に建設を望んでいるリニアの「ガイドウェイ」関連施設を設置する条件として、施設の用地造成の盛り土に残土を使うことを求めているという。

 同社は取材に「町と協議中。回答を控える」としている。

 用地は中央道松川インターに近い県道沿いの農地約7ヘクタールで、民家などが点在している。町は「松川インター企業団地」として企業誘致を目指していたが具体化せず、ガイドウェイ関連施設の用地として2016年に県を通じて同社へ情報提供していた。

 ガイドウェイは鉄道の軌道部分に当たるU字形の主にコンクリート製の構造物。町によると、同社は約7ヘクタールを残土で盛り土した後、ガイドウェイ組み立てや保管を行う施設の用地として、うち約3ヘクタールを使用する意向を示している。施設は使用後には撤去される。

 町は、自前で企業団地の用地造成などをする場合、約3億8千万円が必要と試算していたため、用地造成費が減れば分譲価格を抑えられるとしている。用地には傾斜があり、盛り土のために多量の土が必要になると元々見込まれていた。

 町は8日夜、地権者や付近の住民を対象とした説明会を町内で非公開で開催。残土で盛り土した後にガイドウェイ関連施設を設置する―とのJR東海の提案や、同計画に対する町の考え方を出席者29人に説明した。出席者によると、大きな異論は出なかった。

 ただ説明会で町は、持ち込む残土量が20万立方メートル以上に上るとの条件は明示しなかった。20万立方メートルは、7ヘクタールに均一に盛ったとすると単純計算で高さ3メートル近くにもなることから、説明会後にこの条件を知った出席者の1人は「景観や住民生活にも影響を与えかねない。なぜ説明しなかったのか」と町の対応に疑問を呈した。町は取材に対し「段階的に話を進めるつもりだった」と説明した。

(8月10日)

長野県のニュース(8月10日)