長野県のニュース

岡谷の市営住宅アスベスト使用 来月対策工事

階段室天井にアスベストが使われていることが分かった小萩K市営住宅3号棟=24日、岡谷市階段室天井にアスベストが使われていることが分かった小萩K市営住宅3号棟=24日、岡谷市
 岡谷市は24日、同市長地小萩にある小萩K市営住宅3号棟に3カ所ある階段室天井の建材に、アスベスト(石綿)が使われていたと明らかにした。計30平方メートルで、いずれも劣化したり、剥がれたりした形跡はなく、飛散した可能性は無いという。市は25日に階段室の空気の成分を調べた上で、9月に天井に建材を張ってアスベストを覆う工事をする。

 市によると、3号棟は1986(昭和61)年度の完成で、鉄筋コンクリート造り4階建て。計24戸あり、現在は23世帯、70人余が住んでいる。階段室4階の天井に吹き付けてあった建材からアスベストを検出した。

 解体工事をしている同市山手町の旧岡谷小学校校舎で5月にアスベストが見つかり、市は2005〜09年度にアスベストの有無を調べた市有95施設を6〜7月に再調査。岡谷小と同様の建材を使っていないかどうかを調べ、使用が疑われた9施設では建材の成分も調べた。

 小萩K市営住宅3号棟は、前回調査時はアスベストの使用が判明しなかったという。

(8月25日)

長野県のニュース(8月25日)