長野県のニュース

てるてる坊主、2500点余ずらり 池田でアート展

過去最多の2500点余りのてるてる坊主作品が並ぶ会場過去最多の2500点余りのてるてる坊主作品が並ぶ会場
 てるてる坊主の作品を飾る「第11回いけだまちてるてる坊主アート展」(町などの実行委員会主催)が25〜27日、長野県北安曇郡池田町のあづみ野池田クラフトパークで開かれる。同町は童謡「てるてる坊主」を作詞した浅原六朗(1895〜1977年)の出身地。今年は、県内外から応募があった過去最多の2500点余りが芝生広場に並ぶ。

 作品は中学生以下の「子ども」、家族で制作する「ファミリー」など、全5部門で募集した。東京など10都府県からも作品が届いた。作者の最高齢は103歳だった。2020年の東京五輪を題材とし、てるてる坊主が金メダルを首から下げた作品もある。

 24日は甕聖章町長ら審査員約20人が一足早く会場を訪れ、部門ごとに入賞作品を選んだ。審査結果は27日正午に会場で発表する。実行委事務局長の片瀬登さん(48)は「天気が良ければ北アルプスの景色も楽しめる。てるてる坊主の力でなんとか晴れてほしい」と期間中の好天を期待していた。

(8月25日)

長野県のニュース(8月25日)